福井アパートは学生の味方

   

進学をきっかけに、親元を離れたタイミングで独り暮らしをするという人は少なくありません。学生にとってアパートでの独り暮らしは、身のまわりのことを一人でするので独り立ちのためのステップのひとつだと考える人もいます。アパートの中には学生物件が多くあります。学生の独り暮らし用物件は、比較的家賃が低く設定されている場合が多いです。
学費を奨学金で賄い、親からの仕送りをあてにせずアルバイトをしながら生活している学生は近年少なくありません。そういう事情の学生にとって賃料が安いというのは一番の魅力です。福井のアパートにはそういう物件も多くあります。家賃に当てられる額を元に部屋を探すといったことも容易に出来ます。
学生の部屋探しにおいて、賃料以外の要素は何点かあります。それは、ロケーションであったり、日あたりであったり、最寄の駅までの距離だったりします。また、部屋の間取りだったり、備え付けの設備だったりします。冷暖房完備なのか、お風呂があるのかないのか、給湯器はガスなのか灯油なのかなどさまざまな要素があります。

学生物件のロケーション

学生にとってアパートのロケーションはアパート選びにおいて重要です。学校に近い場所にすると便利なことが多いです。なんと言っても学生の本分は勉学であるので、大学に近い場所に居を構えるというのがひとつの選択肢になります。通学に時間がかかるというのはそれだけでも億劫になって講義をサボりがちになりかねません。
駅に近い場所は、通学にも便利であり、駅周辺には商業施設が充実しているので買い物などの生活が楽になります。アルバイト先を見つけるにも駅周辺であれば選択肢も広がります。
郊外の静かな場所についてです。学校に近いことは一見勉学に励めそうですが、ひとり自宅で静かに勉強する方がはかどる学生にとっては郊外の静かな場所が合います。繁華街に近ければ近いほど遊びへの誘惑が増えます。遊びに行くのには億劫な距離感が必要な学生にとっては郊外に居を構えるのが得策です。

間取りや住宅設備

アパートの種類は、福井に限らずさまざまあります。間取りや階数、風呂の有無やユニットバスなど選択要素は多岐にわたります。
部屋の階数は意外に重要です。日あたりの問題もありますが、防犯上の問題があります。塀などで囲われていれば1階は死角になりやすく空き巣などの犯罪が起こりやすいと言われています。ベランダや窓からの侵入は1階より2階、2階より3階と上に行くほど難しいので、気になる方は2階以上の部屋を選ぶと良いでしょう。回りからも良く見える日あたりの良い部屋がいいでしょう。
次に住宅設備です。特にお風呂に関しては考えどころです。お風呂がないと必然的に銭湯に行かなければなりません。水道光熱費と銭湯代、そして家賃を比較しながら検討します。スポーツ部やサークルに所属していて学校にあるシャワーを使えるかどうかも考慮する要素になります。

ピックアップ記事

不動産投資を福井のアパートで

土地などの不動産を所有していても運用していない人は少なくありません。福井にいたっても土地を所有するだけで何も運用せずただ毎年固定資産税を払っている人が相当数います。しかし、それがもったいないと安易に運...

福井アパートのリノベーション事情

アパートの所有者で、老朽化の問題を抱えている人もいるのではないでしょうか。古くなったアパートは一旦空き室になるとなかなか入居者が決らなくなります。間取りや水回り設備、部屋全体の雰囲気が古く感じられるの...

福井アパートの入居者サポート

福井の賃貸住宅を選ぶ際は、さまざまなトラブルに対してのサポート体制があるところがお勧めです。大家さんと直接賃貸契約をすると大家さんのサポート体制には個人差があるので注意が必要です。すぐ対応してくれる大...

福井アパートは学生の味方

進学をきっかけに、親元を離れたタイミングで独り暮らしをするという人は少なくありません。学生にとってアパートでの独り暮らしは、身のまわりのことを一人でするので独り立ちのためのステップのひとつだと考える人...